? 中古車 一括査定の時の注意ポイント

本気度によって注意ポイントが違う


中古車の一括査定を行う時の注意ポイントは、どれだけ本気になって高額査定を目指すのかによってちょっと違ったものになります。

もちろん一括査定を考えているくらいですから愛車を高く売りたいという気持ちはあるにしても、そのために手間や時間をどのくらい割けるのかは人それぞれだと思います。

このような一括査定の利用のしかたの人による違いを出来るだけ分かりやすいパターンに分けて、それぞれの場合の注意点をまとめてみましょう。

ともかく少しでも高く売りたいという場合

車の一括査定は、「最大10社」といっても実際に査定のオファーが来るのは5~6社、地域によっては4~5社というのが実際のところです。

ですから多少手間がかかってもできるだけ多くの業者に査定額の競争してもらおう思っている方にとっては、一つの一括査定では物足りないことになるかも知れません。

このような場合のポイントは、一括査定サービスを複数利用して査定業者を増やすことです。

何しろどのサービスも無料ですから、二つで足りなければ三つ申し込めばいいのです。

なぜ業者数を増やす必要があるのかというと、

・バックオーダーがあるのですぐにでも買取したい

・店頭直売で売れ筋なので多少高くてもぜひ買い取りたい

などという高額買取のモチベーションが高い業者に網がかかる確率が上がるからです。

また当然ながら、業者数が増えることによって業者同士の競合が激しくなり値段がつりあがる可能性も上がります。

ネットを見ると一括査定を三つ使って10社以上の業者に同時に査定してもらい、入札で最高額のところに売却したなどという武勇伝?もありますが、10社とまでは行かなくても例えば5、6社とかの査定を同時刻にやってもらうのも一向に構いません。

業者も慣れたもので普通は同時査定を嫌がることもありませんから、ちっとも遠慮する必要はありません。

「同時査定だと談合の心配が・・」というコメントを見かけることがありますが、6社同時査定の経験から見て談合などありえないと思います。

もし本当に地域レベルでのプチ談合みたいなのがあったとしても、全国展開の大手買取店も混じった競争になれば価格面で吹っ飛ばされてしまうと思いますよ。

リークしちゃえば順番の査定でも同じことになってしまいますしね。

一括査定を複数使う場合のおススメは次の三つです。

<利用者の多いおススメの一括査定>

サービス名            詳  細

かんたん車査定ガイド

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定
●簡単な車情報の入力だけで最大10社に一括で見積もり依頼。
●中古車の買取一括査定サイトの決定版!
●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

全国展開大手の買取業者が多数参加
●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。
●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。
●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定
●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。
●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)
●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。


いずれも上場企業が運営する評判の一括査定で、利用者も多く安心して利用できます。

二つあるいは三つ使う場合、「カーセンサー.net簡単ネット査定」を最後に使うのがいいでしょう。

カーセンサーは査定依頼をする業者が指定できるので、業者の重複を避けることが出来るからです。


多数の訪問査定が嫌だ、電話応対が大変だという場合

一方で、車は高く売りたいが、あまり多くの買取業者から電話を受けたり訪問査定を受けるのを避けたいという場合もあるかも知れません。

下取りよりは高く売りたいがあまり多くの業者が訪問査定に来るのは嫌だ、多くの業者と電話のやりとりをするのが大変だ、またそのような時間もかけていられないという人の場合です。

業者からの電話が多いということは愛車を買取りしたい業者が多いということであり、本来、車を高く売るためには歓迎すべきことなのですが、事情や考えは人それぞれですから「そこまではちょっと・・」という場合もあることでしょう。

このようなケースでは、一つの一括査定を利用することになると思いますが、ポイントはどの一括査定サービスを利用すればいいのかということになります。

ズバリこのような場合のおススメは上でも紹介したこの一括査定です。 カーセンサー.net簡単ネット査定

この一括査定は中古車情報誌で有名なカーセンサーが運営する定評のあるサービスで、査定額の通知方法としてメールを選べる唯一のサービスです。

メール連絡の指定のやり方は簡単で、申し込み画面から「任意項目」の「連絡可能時間帯」の欄に「メールのみでの連絡を希望」と記入するだけです。

これで業者からの電話攻勢を避けることができますので、電話が苦手という場合は本当に助かります。

更に、カーセンサーの大きな特徴は、査定を依頼する業者を指定できることです。

申込みを行えば査定依頼を行う候補業者が一覧で示されますが、その一覧表のチェックを外すことによって業者を絞ることが出来るのです。

「有名大手4社に絞って査定してもらいたい」などという時にはまさにピッタリの機能ですね。

このようにカーセンサー.net簡単ネット査定なら、電話に振り回されることもなく自分のペースで査定を依頼する業者を決めることが出来るので、落ち着いてマイペースで愛車の査定を進めることが出来ます。


一括査定によって買取り額の相場を知りたい場合

近々新車に乗り換える予定だが、とりあえずは今の車の売却見込み額を知って新車購入の資金計画を立てたいという場合もあることでしょう。

つまり、今乗っている車の売却相場を一括査定によって調べようというわけです。

このような場合も、上で紹介した「カーセンサー.net簡単ネット査定」が何かと都合がいいでしょう。

相場を知るためだけなら査定依頼先は2~3社程度でよく、すぐ売るわけでもないのに5社も6社も出張査定に来るのではちょっとバツが悪いことになってしまいます。

カーセンサーの一括査定なら、上で紹介したように査定依頼を行う業者数をコントロールできますので、狙った数の業者による査定を行うことが出来ます。

またこの程度の業者数だと電話の応対もそれほど負担になることはないでしょう。

更に、カーセンサーだと申込み時に「売却希望時期」をプルダウンメニューで記入する欄もありますので、「すぐに売ってくれ」と迫られることもないはずです。

カーセンサーの一括査定はこちらから カーセンサー.net簡単ネット査定


古い車、多走行の車を一括査定する時の注意点

一括査定を利用すれば車買取店の競争によって下取り価格より確実に高い価格で車を売ることができます。

でも多走行であったり古くなったりで下取り価格もつかないような車の場合は、一括査定の選び方にちょっとしたコツがあります。

それは、輸出業者や解体・部品取り業者なども参加している一括査定、つまりできるだけ数多くの業者が参加している一括査定サービスで選ぶということです。

通常の車買取専門店は1台あたり10万円程度以上のマージンが見込める車の買取りをメインにしている場合が多く、このような買取店しか参加していない一括査定だと古い車や多走行の車の査定を依頼しても空振りに終わってしまいます。

古い車や多走行の車は海外向けの販売ルート持たなければ高値をつけることができないため、そのような業者が参加している一括査定で輸出業者などに網をかけるのです。

具体的には次の二つがおすすめになります。

■ズバット車買取比較
 参加業者が多く古い車、多走行車等の買取例もあるので期待できます。
                    詳細はコチラ こちら ズバット車買取比較

■カービュー
 参加業者数は業界トップ。あらゆる業態の業者が参加している一括査定です。
                    詳細はコチラ こちら カービュー

一括査定で訪問査定を受けるときの注意ポイント

中古車一括査定 訪問査定

ディーラーの下取り以外の方法で車を売る場合、多くの人に利用されているのが一括査定です。

一括査定はネットから無料で申し込むことができ、1回の入力で複数の車買取専門店に査定をしてもらうことができるという、とても便利なサービスです。

買取りを前提にしているため、一括査定に応じた各買取業者はオーナーの自宅で実際に車を詳細にチェックして査定額を提示し、オーナーは一番提示額が高いところに車を売るという流れになります。

「訪問査定」というのは、この買取店による無料出張査定のことを言います。

もちろんこの訪問査定は無料ですが、複数の買取店が入れ替わり立ち代りオーナー自宅に訪れて行いますので、下取り査定や買取店への持ち込み査定とは勝手が違う面も多いのです。

中でも一括査定が初めての人は、申込み入力後次々と買取店から「訪問査定させてください」との電話が入ることにちょっと戸惑うかも知れません。

多くの買取店から電話があるということは、その車を買取したい業者が多いということで高く売るためには喜ばしいことなのですが、時には速攻で電話がくる場合もあるので驚くかもしれません。

でも、この複数の買取専門店に競争してもらうというのが一括査定の最大のメリットですから、はじめからそういうものだと思って大いに競争してもらいましょう。

逆に言えば、「当面売るつもりはない」、「相場を知りたいだけ」などのように、訪問査定まで考えていない場合は、一括査定でなく別の方法で概算額を調べた方がいいかも知れません。

電話してくる1社1社にそのことを説明して訪問査定を断るのは大変だからです。

(上でも紹介しましたが、例外的に「カーセンサー.net簡単ネット査定」なら業者数を自分で絞ることができますのでそのような苦労はなくなります。

各社から買取りを前提にした査定額が提示される訪問査定は、車の一括査定の流れの中の一つのハイライトです。

このサイトでは、この訪問査定にテーマを絞って、査定を受けるときの心構え、注意点、事前の準備などについてできるだけ具体的に紹介してみました。

<サイトの主な内容>

■持ち込み査定と訪問査定

車の一括査定のメリットや買取専門店への持ち込み査定との違いなどを紹介。

無料訪問査定で車を高く売る

訪問査定と持込査定とで差が出るのか?

■訪問査定を受けるときの注意点

査定が行われる当日の注意点や心構えなどについて整理してみました。

訪問査定の時に即決してはいけない

車の良い所をアピールしよう

査定のプロへのリスペクト

■訪問査定のセッティング

複数社の訪問査定の日時の設定について説明します。

複数社に順番に査定をしてもらう

同じ時間に複数業者に査定してもらう

■訪問査定前の準備

査定を受ける前の準備や査定アップのための対策などについて解説してみました。

査定前の洗車、車内清掃

ボディーのキズや凹みは直したほうがいい?


※少しでも愛車を高く売りたいなら時期によって中古車の相場が変わることも承知しておきたいですね。

----------------------------------------------------------------------------------------------------
ローン残の車を買取に出せるか?


このページの先頭へ