" 訪問査定前の準備~洗車・車内清掃

査定前に車をきれいにしても意味がない?


査定前の洗車・清掃について「買い取った車は業者がクリーニングするのだから洗車しても意味がない」という人がいます。

確かにそのとおりなのですが、この考えは何かクールすぎるというか、機械的な感じがします。

言うまでもないですが、訪問査定を行う査定マンも人間です。

第一印象というのは人間の判断などに結構影響を与えるもので、全く同じ条件でも、相手が好ましく思えた場合や相手が気に入ってしまった場合は、ちょっと他のサービスも・・・と思うのが人情というものでしょう。

なぜ訪問査定してもらうかといえば、車を少しでも高く評価してもらいたいからです。

評価を下す査定マンの第一印象を良くするために洗車・車内清掃を行うのは決して無駄なことではないと思います。

査定額が低い「下取り」ならやっても無駄という気持ちになるかもしれませんが、一括査定で高値をねらうならぜひ実践を。

■最低限のマナーと考えた方が良い

また、「車をきれいにしても査定額が変わることはないからそのままの方が良い」という意見の方もおられます。

確かに目に見えるプラス評価は無いかもしれませんが、社会の常識としてどんなものでしょうか。

少しでも良い評価をしてもらいたい車を見てもらうとき、汚れたまま、散らかしたままであっては、査定の前に人間性を見透かされてしまうのではないでしょうか。

査定額は変わらないとしても、綺麗な車をチェックするのと、汚れて埃だらけの車をチェックするのではどちらが気持ちよく仕事ができるでしょうか。

汚れたままの車を見せられては、「大事に乗ってきた車です」と言われても信用できかねることになるかも知れません。

本当に大事にしてきた人なら、汚れたままの愛車を査定マンの前に晒すようなことはしないでしょうから。

■査定前に洗車と車内清掃はしておこう

何も難しい話ではありません。

印象がよければ、他社との接戦の時など査定マンも一頑張りする気にもなれるというもんです。

査定マンが内心「うわー、これは・・・」という状態では味方になってくれないでしょう。

水洗い程度でもいいですから、訪問査定を受ける前に洗車をしましょう。

そして、車内、トランクルーム、できればエンジンルームもできる範囲でいいですからきれいにしておきましょう。


このページの先頭へ