" キズや凹みは訪問査定前に修理した方がいいのか?

査定前に修理費をかけてもその分の査定アップにはならない


中古車の査定基準では爪を立てて引っかからない程度のキズは減点にならないとされているようです。

普通に乗って普通に付く程度のキズであればマイナス査定にならないということです

でも見てすぐわかるような大きいキズやボディーの凹みがある場合、査定前に修理した方が大幅な減点を避けられるのではないか?と考えてしまうものです。

■修理費をかけてもそれに見合う査定額にはならない

大きいキズや凹みとなれば修理業者に修理を依頼することになり、少なくとも数万円の修理費がかかってしまいます。

でも、買取専門店の査定では、修理してもその修理費に見合うプラス査定は望めないのです。

なぜかというと、中古車販売店などは自社工場や提携工場などで傷や凹みを一般のオーナーよりもはるかに安い費用で修理することができるからです。

知り合いの工場などで格安で修理できれば話は別ですが、通常は修理工場に出すような修理は行わないで査定を受けた方が結果的にはお得だということです。


ボディーのキズや凹みの扱いについてはこの点を押さえて、手間を掛けてみすみす損をするようなことにならないようにしましょう。


■自分でできる範囲なら修復したほうが良い

ホームセンター、カー用品店などには車の修復グッズがたくさん売られています。

少しぐらいの傷であればこれらの修復グッズを使い自分で補修したことのある方も多いでしょう。

ひっかきキズやこすった跡など自分でコンパウンドで磨けば修復できてしまう程度のキズであれば修復するのもいいでしょう。

少し時間をかけるだけで「マイナス査定かな?」と気になるところを減らすことができます。

ただし、ある程度腕前に自信がある方でないとこれもおすすめできません。

下手な修復で新しいキズをつけてしまったり、ボディカラーにムラができたりすれば逆効果になるからです。

■普段のメンテナンスの範囲内で修復

ほんの小さい傷であれば普段のメンテナンスのように市販のタッチペンやコンパウンドなどで自分で補修することができます。

飛び石などによる小さい塗装の剥げ落ちなどの手当は、サビを防ぐためにも普段からやっておくべきことでしょうね。

ボディーのメンテナンス用品も進歩しており、洗車キズのような細かいキズなら洗車してコーティングするだけで目立たなくしてしまう優れものもあり、驚いたこともあります。

車を大事にしている方にとっては普段のメンテナンスの範囲内のことでしょうが、洗車と同様、自分でできることはやった方が第一印象を良くすることになるでしょう。


このページの先頭へ